2010年08月17日

お盆も終わって活動開始!


お盆も終わって活動開始!


tomoです。
毎日暑い日が続いてますが
熱中症にはお気をつけ下さいね!
梅干しと水分を摂って、乗り切りましょう♪



さて、お盆も終わり、劇団麦も
活動開始です。
今後の活動のためにも、しっかりと
目標を立てたいものです。





目標がなければ、人間活動できないもんですね。
子どもの頃、面倒くさいと思ってた
目標と活動計画。
これが、とても大切だと実感したのは
いい大人になってから・・・苦笑

もうちょっと、早く気づいていれば
tomoの人生はちょっと変わっていたのかしらん?
と思ってしまうのです。




いやいや、これからだって遅くはない!
人生80年でしょ?
ということは、これまで生きていた年月と
同じ年月が残っている計算(簡単に言うと・・・)
年とったって、パワフルなじいちゃん、ばあちゃんは
たくさんいるわけで。




tomoもまだまだ頑張りますよ^^
お客さんたちが元気になる舞台!
笑顔になる舞台を作り続けていきたい。

その舞台を作っていくために
劇団麦の幹をしっかり形造っていこう!





ラベル:劇団麦 お盆 舞台
posted by tomo at 23:08| Comment(0) | 演劇稽古日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

「飛べない天使たちのララバイ」舞台装置



飛べない天使たちのララバイ
こんな舞台装置でした〜(*^^)v



tomoです。
訪問いただき心から感謝です。




あ〜〜〜劇団麦の公演終了から
はや1週間が経ちました。
ほげ〜〜〜って過ごしたいところだったけど
お仕事忙しいわ、連日の猛暑で体は悲鳴をあげてるわ
珍しく、12時には寝ておりました。





今回は、ちょっとファンタジーなお話。
劇団麦ってあまりファンタジーな舞台を
やらないんだけど、tomo個人的にはファンタジーは
大好きなんですね。
実際にあり得ないけど、実生活に元気や勇気が貰えるんなら
ファンタジーもありだと思う。





そして、今回の舞台は主宰が作・演出。
「できるだけシンプルな舞台」
これが主宰の意向でした。

台本を読んで、その意向を大切にしたかった私。
言い回しが変なところは直しましたが
セリフも台本に忠実に演じたかった。


「演出の思いを壊したくなかった・・・」
これが本音。




用意していた小道具も、小屋入りして
舞台装置を見てから、減らしたくらいですから。
小道具の先輩OBからは、ご指摘を受けましたけど。
「もっと小道具出さないと・・・」

でも、今回は小道具を目立たせたくなかった。
遊ぶのは2場の、デイサービスのところだけ。
他はシンプルにしたかった。




ボケばあちゃんの、「忘れてしまう不安と恐怖」
介護するお嫁さんの表向きとは違う、「介護の大変さ」
追いつかない介護サービスの現実。
介護を提供する側のジレンマ・・・etc
最後に訪れた、家族の幸せとは何なのか?

役者が演じることの方をメインにしたかった。




シンプルな舞台装置、小道具の舞台は
ハッキリ言って難しい・・・。
役者の力量が問われるから。


もちろん、今回の舞台は
音響さん、照明さんに助けられた部分は
たくさんあります。
選曲も、照明も役者の気持ちを盛り上げてくれました。
演じていてとっても気持ちよかったもの・・・。





さて、全部は撮れなかったけど舞台装置の一部を
公開しますね〜〜〜〜!!

100718_1052~0001.jpg

これは、4場のお通夜シーンです。
1場とかは、閉じているんだけど、観音扉になっていて
開くと斎場に早変わり・・・。


100718_1051~0002.jpg


1場、エンディングの角田家のダイニング。
極々シンプルです。
角に飾られた「ひまわり」これ、角田家の嫁の
澄江さんを象徴したものでした!




仕込みの時は、時間がかかるけど
バラシの時はあっという間!!
寂しい瞬間ではあるけど、
「また次も頑張ろう!!」そう思う瞬間でもあります。



いかがでしたか?
舞台装置のスタッフに写真とってないか
問い合わせしてみよう!

2場の診察室とかもあるし・・・。
手に入ったら、公開しますね〜〜ヽ(^o^)丿



ラベル:舞台装置 劇団麦
posted by tomo at 13:11| Comment(0) | 演劇稽古日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

舞台メイクで肌が疲れてる・・・


舞台メイクで肌が疲れてる・・・

tomoでっす^^
訪問いただき心より感謝です!



さて、日曜日に千秋楽を迎えた
劇団麦の舞台「飛べない天使たちのララバイ」
tomoはおばあちゃん役で出演。




で・・・
舞台メイクって結構肌に負担がかかるんですよ。
2日目には肌はブツブツ。
毛穴が開いているし・・・苦笑




お肌のお手入れをしないと
とんでもないことになってしまう。
そうじゃなくても、アラフォーなんで
お肌は衰える一方だし(;一_一)




パックしよう!!
そう思い立ちやってみましたよん♪




100719_2122~0001.jpg



この顔見て、愛犬の戸惑う顔が面白かった〜!!




やっぱりね、パックいいわ!
お肌プリップリだし。
毛穴小さくなってるし・・・。
決して高いものじゃなかったけど
お肌にもあってるみたいよ〜(*^^)v




今週はゆっくり休みます♪

posted by tomo at 22:09| Comment(0) | 演劇稽古日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

井上ひさし作・組曲虐殺

井上ひさし作・組曲虐殺
tomoです。
今日はtomoのつぶやきってことで・・・。



昨夜のNHKで井上ひさしのドキュメントを
放送してました。



日曜日の夜は、「龍馬伝」を見て
N響アワーを聴いて、そのまま
NHKつけっぱなしということが多い。
昨夜は、拘束で自宅待機中だったので
見ることができたというわけ。




で、たまたま偶然見たんだけどね。




井上ひさしの生い立ち、戯曲を作る時の思い
演劇に対する思い・・・・
熱いものがひしひしと伝わってきました。




「組曲・虐殺」は小林多喜二の残された人生
2年6カ月を描いた作品。
井上ひさし最後の戯曲となりました。
初演を見た井上ひさしは、涙を流していたといいます。




井上ひさしの作品は、笑いあり、涙あり
歌あり、んで、長い作品が多いんだわ。

昨年の夏、劇団麦でも公演した
「頭痛肩こり樋口一葉」も井上ひさしの作品。
2時間30分の作品で、休憩を入れれば3時間に及びます。

演じる役者は汗だく、役の感情は激しく変わる。
ま〜〜〜やってて楽しいし、ダイエットは
必要ないくらい体は引きしまる!!笑
それくらいハードなんだよね。


歌なんかどうするんだよってな感じで
結構大変な作品が多いです。




で、「組曲・虐殺」の舞台を番組の合間に
ところどころ流すわけ・・・。
小林多喜二を演じたのは、ミュージカルを
メインに活動している俳優、井上芳雄。
他に石原さとみ、高畑敦子など結構豪華。




井上芳雄・・・歌がうまくって、いろいろな
ミュージカルに出演していたので知ってはいたが
ちゃんと演技を観たことなかったのよね。





あああ〜〜〜〜すっごい存在感のある役者だなって
思って、やられちゃいました・・・。
目力も凄いのなんのって!!
画面通しても、それを感じるんだから
生で観たらどうなっちゃうんだろうか?私・・・




「組曲虐殺」はNHKハイビジョンとか、
衛星で放送したらしいけど
うち、ないんだよ・・・どっちも。
で・・・「どうしても観たい!!
井上ひさし最後の作品である、組曲虐殺はどうしても
みた〜〜〜〜〜〜〜い!!」




で、清水の舞台から落ちる覚悟で・・・(オーバーだな〜笑)
買っちゃいました!!
というか、まだ発売されてないので
予約しちゃいましたよ、組曲虐殺。





8月末にDVDが届くので、観たら
またご報告できると思います。
とっても楽しみ・・・。




このドキュメンタリーをみて、役作りというものを
もう一度考えさせられました。
役への思いというものを、もう一度整理して
演じてみようと・・・。


posted by tomo at 18:33| Comment(0) | 演劇稽古日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

ガマ王子vsザリガニ魔人

ガマ王子vsザリガニ魔人
tomoです。



「パコと魔法の絵本」と言った方が
わかりやすいかな?
ようやっと、観ました!



元々、舞台で公演されていた作品。
仙台にも公演に来ていたんですね。
演目に惹かれて、観たい作品ではあったけど
実際の舞台はまだ観てないんです。




そうこうしているうちに、映画化されたもんで
それをまず観ようって思っているうちに
忙しさに機会を逃していました。




いや〜〜〜〜〜〜〜\(◎o◎)/!




大の大人が、本気の体当たり演技!
役所広司に、阿部サダヲ、上川隆也は
もともと舞台出身。
さすが〜〜〜〜〜って惚れ惚れです。




阿部サダヲの変わった役は見慣れているけど
上川隆也があそこまでやるとは・・・。
キャラメルBOXの舞台でもそこまでやらなかったぞ!
役所広司は、映画版の「笑の大学」で見せた
演技力の広さに、期待通りの演技を見せてくれたって感じ。





笑いあり、涙あり・・・。
「うわ〜〜〜これ麦でマジやりてぇ〜〜〜〜!!」って
脚本探したけど、出版してないみたいね。
後藤ひろひとさん、出してくれないかしら?
でも、著作料高そうだわね・・・笑
台本だけでも、読みたい!!





しかし、この体当たりの演技を観ると
自分の演技はまだまだだと思い知らされる・・・(;一_一)
このテンション引きずって、明日の稽古は
思う存分暴れたいってマジで思います。
つうか、暴れてこよう。。。




posted by tomo at 23:03| Comment(0) | 演劇稽古日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。