2011年01月20日

脚本決め

寒い日が続いてますね〜tomoです^^
あったかくしてお過ごしくださいませ・・・。



さてさて、次回作に向けて脚本を
選んでいます。

いろいろと持ち寄っていますが、
どれもやってみたい作品ばかり。

今、読んでいる作品が有力候補かなあ・・・っては
思うんですが、最終的には団員の意見で決まるので
何ともいえませんねぇ・・・。



劇団麦は必ずメッセージ性があるもの。
脚本が理解しやすいものを公演しています。
自然とそういう成り行きになっているんですが。



それを否定する方もいるんだけど
訳のわからん芝居を見せられるほど
正直辛いものはないと、芝居を知らない、
観客の立場だった頃のtomoは思います。



何も感じ取れない、団員だけが楽しんでいる芝居は
正直シラケテしまうのよね。

芝居が初めての人もすんなり入って行ける
お芝居をやる劇団があってもいいんじゃないか。
これは私の個人的意見だけどね。



演劇を敬遠する人は多い。
理由を聞いてみると、多い答えが

●敷居が高い感じがする
●良くわからない内容のモノが多い
●変わり者が多そう←これって偏見だよぉ〜;;)

etc・・・



本当はお芝居って誰でも楽しめる
娯楽のはずなんだけどねぇ。





ま、次回作に向けてとにかく
進んでいくのみであります^^
お芝居が身近なものになっていくことを願って・・・





posted by tomo at 21:51| Comment(0) | 演劇稽古日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。