2009年09月02日

小道具って?

小道具って何?


こんばんは、tomoです。


今日は、私の担当である
小道具について熱〜く語りましょう!


小道具とは?



舞台や舞踊などで手にする
道具を、小道具と言います。



手にするものは、すべて小道具。




小道具班の役割とは?



小道具すべての管理と作成を
まかされます。



1.洗い出し


これは、台本から小道具を
抜き出す作業となります。


ひたすら台本を読み、必要な小道具を
洗い出します。
場のどこで小道具が使われ、どこで引っ込めるのか(ハケると言います)など、細かく抜き出し、表にしてまとめます。



麦の場合、小道具担当は2〜3人程度となり
みんなの目で確かめます。
結構、抜けがあったりするので、数人で確認し合います。




2.小道具の制作と買いだし




買えるものは購入します。
見つからないものに関しては、作ります。


が・・・



どこの劇団でもそうですが、結構運営するのは
厳しいとこが多いので、作った方が安くなり
小道具費を節約するのであります・・・爆




3.仮道具(かりどうぐ)の準備



立ち稽古に入ると、役者が持つ小道具が
必要になります。


稽古の度に、使うので仮のものを用意します。




4.稽古時・本番の小道具セッティング



初めから舞台上にあるものは、セッティング。
舞台途中から役者が持つ物などは、舞台裏へセッティングし
役者が迷わないよう、配慮します。



必要なら、手渡し。




5.小道具の修理



本番中に破損するものもあり、
小屋では、常に小道具さんを取り扱います。






麦・小道具班の熱い思い・・・爆





熱いです・・・馬鹿みたいに(笑





小道具も時代背景を調べて、その舞台の時代にあった
ものを用意するんですけどね。



インターネット大活躍!
リサイクルショップ大活躍!!
おばあちゃんち大活躍!!!(笑)




無けりゃ、参考資料を準備し
ひたすら作ります。



過去にはお札を作ったりとか・・・(寅彦の伝言)
主宰の似顔絵入りBOXティッシュとか・・・(同じく寅彦の伝言)


納豆とか・・・(想い出のサンフランシスコ)
高価な壺も・・・(ブラックコメディ)



馬券も作ったー爆(サクラパパオー)




自慢じゃないが、小道具費を1公演・5000円で
やりくりしてました!





こんな、小道具班!
密かな集会もやってます。




徹夜宅飲み・・・
分町で飲み・・・



って、飲みばっか(爆)





小道具班の熱い思いは
次回へ続く・・・・











posted by tomo at 00:26| Comment(0) | 舞台小道具チーフのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。